時々思い立った様にその日の出来事や興味の範疇なんぞを書きつづっとる。 気紛れに立ち寄ったなら、そのついでにコメントも宜しゅう。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
3/15 トリビアの何たら。
2006年03月16日(木) 21:44

今日はトリビアネタから。
まんが日本昔話OPの節に合わせて「ギザギザハートの子守歌」が唄える(って事は、もちろんその逆も出来る)。
しかも、唄っとるのは名前に聞き覚えのある桑何ンとか言うおっちゃん(桑田では無かった)じゃった。
さすがに目茶苦茶上手いわ。
んで、今日の「トリビアの種」は「クレーンの達人がUFOキャッチャーでカンストするのに何円かかるか?」ってな話らしい。
ん~。業務用クレーンとUFOキャッチャーってな、いささか勝手が違う様な気もするが…。
登場したのは、何とか言う会社の主任(じゃったか?)クラスの御仁。
もちろん御大、UFOキャッチャーは初挑戦。
そりゃ見た感じ御歳60にも及ぼうかってな勢いなんじゃから、当然じゃわな。
きっと今迄仕事一筋に生きて来たンじゃろう。キテ●ーの名前も知らんらしく、「次はあの猫を狙います」と来たモンじゃ。そして予告通りに獲る。
つか、何が凄いって御大、ぬいぐるみをことごとく掴んで獲るンよな。
拙者などに言わせりゃ、UFOキャッチャーなんてモンは「穴の傍にあるブツを何とかして穴へ落とす」位のゲーム故、あんな風に「掴んで運ぶ」のがどうにも信じられんわ。
ここなんぞにはあれこれ攻略法も載っとる様じゃが。
やはり、種目こそ違えど長年現場で培うて来た勘は伊達では無いンじゃのォ。
たまに掴みが甘うて途中で落としてしもうた折りも
現場では【万が一】と言う事もあってはなりませんから
と、悔しそうな顔で実に深い事を宣うておられた。
そりゃ確かに、万が一にでも現場で鉄骨なんぞ降らせた日にゃ大惨事じゃからのォ。
まァ、かと言うて「完璧に標的を捉えて離さぬアーム」なんぞがUFOキャッチャーに備わっとった日にゃ、店は商売上がったりなんじゃが。
途中、アームの「死角」へ残ったぬいぐるみを断腸の思い(用法間違うとるかのコレ)で店員に移動させて貰うたりもしたものの、結局確か3万円強で50個カンスト達成じゃ。


ブラボー御大ッ!

スポンサーサイト
別窓 | テレビ。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<3/20 そして伝説へ…。 | 徒然なるままに・改。 | 3/14 マシューなまり亭と今日のNsあおい。>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 徒然なるままに・改。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。