時々思い立った様にその日の出来事や興味の範疇なんぞを書きつづっとる。 気紛れに立ち寄ったなら、そのついでにコメントも宜しゅう。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
6/6 電車男、再び。
2006年06月06日(火) 19:13
件の電車男以来密かにハマり気味じゃった伊東美咲小姐の期間限定ブログ(書き込みは女御限定らしいが、見るの位は構わんじゃろ。多分)を久々にのぞいてみると、こんなリンクが張ってあった。
どうやらこの9月に2時間枠でSPの放映があって、今はその撮影真っ只中らしい。
しかし美咲小姐、今クールは月9の「サプリ」にもレギュラー出演すると言うに、ほんに大忙しじゃな。
お身体など壊さぬ様、くれぐれも気をつけられィよ。
スポンサーサイト
別窓 | ニュース。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
6/1 ボーダのススメ。
2006年06月06日(火) 16:37
ちょいととある事情があって、実はここン所携帯メールが日に200通程来る様になって久しいンじゃが、拙者実に思うわ。
(もう、今やその当初の動機なんぞはさっぱり憶えとらんが)つくづくボーダフォン(そう言や、大昔契約した折りにゃまだJ-フォンじゃったかのォ)を選んで良かったとな。
と言うのも、他キャリア所有の連れ周りの話を聞くだに、ボーダフォン以外の主要2キャリアは基本的にゃサーバーに届いたメールをその要不要など一切問わず即時受信してしまうらしい故のォ。そして、受信したメールのサイズによってピンキリとは言え、どの途まるで筋合いも無い相応の受信料がかかるンじゃろ?
拙者よそのキャリアの具合なんぞ詳しゅうは知らんが、そんなんで下手にサイズの大きな添付ファイルなんぞくっついて来た日にゃ、それこそ目ェも当てられんじゃろうに。
一応の対策として「ドメイン指定受信」だの「スパム拒否」だの言われた所で、そんな「携帯側の機能」なんぞ説明書もロクに読まんウチの親父殿(ドコモ所有。スパムメールに対しては、英数字の羅列に加えドットがやたら入った半ばでたらめちっくなアドレスで対抗しとる様じゃ)辺りにゃ大して意味が無いわ。似た様な機能なら確かボーダフォンにも備わっとったが、拙者はそんな機能なんぞ使うとらん。大体の話、必要性を一向に感じんし。
つか、そもそも「指定したドメインからのメールは即受信・それ以外は読む前の段階で根こそぎ削除」では、拙者的にゃ不都合極まり無いンじゃて。それでは、スパム云々以前にTSUTAYAだの網日本だのの情報メールですら、わざわざ設定をいじらにゃ受け取れんじゃろ(後、スパムメールの中にも、アレはアレでかなり笑える秀逸な奴があったりするしな。たまに)。大体にして、それ自体が面倒なんじゃよ。少なくともメールの送受信については、拙者今も昔もデフォルトじゃ。やはり、受信料がかかる前の段階で個別に取捨選択出来にゃいかんて。誰にしてみても、要らんモンに余計な銭など払いとうは無かろう。そう言う意味では、どっかがさながらPCの様に「メール送受信完全無料」とか言うのでもせん限りは、間違い無く現行のボーダフォンの体制が群を抜いて最高じゃろ。今回ボーダフォンがソフトバンクに吸収合併されるに当たり、今後その体制がどう変わって行くンかは知らんが、先に言うた様に現時点で「予め冒頭部分だけを見てその要不要を判断した上で、要る物のみに銭を払うて選択受信出来る」機能が他の主要2キャリアに無い以上、少なくともメール専門(WEBはたまに使うが)の拙者にとってはボーダフォンが圧倒的差で単独首位じゃ。幾ら経営母体(と言うンか?)が変わったからと言うて、そこだけは変えてくれるなよ。宜しゅう頼むぞソフトバンク。つか、今年中にゃ番号ポータビリティとやらも控えとる訳じゃし、ここで下手打つと顧客が根こそぎよそへ流れるぞ。
実際、ウチの弟(現ボーダフォン関西)もドコモを視野に入れとったしな。
後、いつまでもあんな味気無いCMしとらっと、美咲小姐を戻せ(V6の岡田の方は拙者的にゃどうでもええが、まァそのついでに戻してやれ)。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
5/21 5チーム目。
2006年06月06日(火) 16:28

今日のクリアはエリザベートん所じゃった。
まず先鋒のエリザベートが、ヤケに操作をミスりつつも「跳C→近立C→前B→前A→昇竜A(マイナスα)」の連続技を数セット決めて沈む。
そりゃ、余裕がありゃ前Aの後を逆ヨガ×2Pとかにしてもみたかったンじゃが、その成功率と相談して即却下。
続くデュオロンは、最早最初から何も考えずにただひたすら「跳C→近立C→波動C」連打。そう言や時々出てしまう遠立Cも何故かよう入っとった
じゃが、その内奴の放った全画面超必でデュオロンも敢え無く崩れ落ち、大将にして今日のリーダーである紅丸が、虎の子のリーダー雷光拳を引っ提げて戦場へ躍り出た。
しばし様子を窺いつつ適当に立ち回って、奴にリー超雷光拳を叩き込む機会を探す。まァ、実の所機会云々以前に半ばぶっ放すつもりじゃったンじゃがな。
じゃがしかし。必殺のはずのリー超雷光拳が、何度出そうとしても例によって地上吹っ飛ばしに化けよる。止む無く通常版雷光拳なんぞでごまかしたりもしたが、お陰で奴をシバいた時にゃ既に体力が数ドットしか残っとらなんだわ。ゲージにゃ結構余裕があったのに、危うく去ぬ所じゃった
EDは例によってよう解らなんだが、何ンかアッシュが更に暗躍しとったのォ。
別窓 | ゲーム。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
5/16 4チーム目。
2006年06月06日(火) 16:26

今日も辛うじてクリアした。
ちなみにえーじぇんとちーむとやら(要するにヴァネッサん所)。
例によって3人目迄はもつれ込んだンじゃが、大将に収まった今回のリーダーラモンのリー超2連発(2回共空通常ジャンプからスカシで。あんなバレバレの戦法なんぞ、対戦ではまず決まらん。いや、そりゃ最近さっぱり対戦慣れしとらん拙者は多分平気で喰らうがの)がさすがに効いたのォ。ちなみに未だ追加入力なんぞは覚えとらんが。
もう一つの決め手は、先鋒ヴァネッサの「(何故かは知らんがヤケに入りやすい)跳C→近立C→ヨガフレC→C連打」か。
ちなみに、次鋒のマリーには特に目立った活躍は無かった。強いて言うなら「跳D→近立C→前A→八稚女C→昇竜D連打」のうろ覚え連続技を1回決めた位か。
つか、拙者実は今やこのチームでマリーが一番苦手じゃったりする。せめてバックドロップ・リアルのコマンドをヨガフレ単発に戻してくれィ(切実)
今の様なリアルカウンターからの追加入力式じゃと、何より連続技に使えんわ(最速でなら繋がった時代もあったらしいが、どの途拙者はただの一度も成功した覚えが無いし)。
ついでに言やァ、マリーの奴はCPU戦で敵に回したら回したでロクな事になった試しも無いしな。あの、こっちが跳んだ瞬間にゃ既に当て身投げで反応しとるCPUのニュータイプ振りは、ほんに何とかならんモンかのォ…。
EDでは、懐かしのセスが何ンか軍部(教官他)と絡んどったわ。このチームも、例によって次回への伏線張り放題じゃのォ。

本日の教訓:(こっちのキャラが誰でも)ラスボス戦はただひたすら特攻あるのみッ!奴相手に守りに入ってしもうたら結局ジリ貧じゃ。

※ちなみに拙者、今更よう考えたら最近はもう緊急回避なんぞ殆ど使わん(正確にゃ「元々とっさには使えん」)わ。以前網日本で、クラークを駆って緊急回避を絶妙に操り奴を手玉に取っとった御仁がおったが、拙者にしてみりゃあんなモン正に神業じゃ。
別窓 | ゲーム。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 徒然なるままに・改。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。