時々思い立った様にその日の出来事や興味の範疇なんぞを書きつづっとる。 気紛れに立ち寄ったなら、そのついでにコメントも宜しゅう。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
3/26 北斗の拳。
2006年03月27日(月) 18:16
拙者行きつけの網日本ではKOFの隣に北斗の台が入っとるンじゃが、今日は珍しくマミヤなんぞを使うとる御仁がおった。
しかも、惜しくもクリアこそ叶わなんだもののラオウ迄進んどった辺り、どうやら彼はかなりの手練れらしい(拙者北斗にゃ恐ろしゅうてロクに手ェつけとらん故、よう知らんが)。
それにしても、何かと思う所の多いゲームじゃのォ。
元々の声優がご逝去された)レイの声が変わっとるのはまァともかくとして何故かケンシロウの声迄違う所とか(ちなみに、かつてケンシロウ役じゃった神谷氏はまだ何事も無くご健在なはず。「エンジェル・ハート」も放送中じゃし)、紛いなりにもメインキャラの端くれであるはずのジャギとマミヤがEDにゃ出て来んネタバレ失敬)上、同じくEDからのけられたハートに至っては何とOPで早々に爆裂しとる所とか。
ちなみにある人曰く、巷ではこのゲーム「トキゲー」と呼ばれとるそうな。
まァ、確かに端から見とっても奴ァ強すぎじゃな。横行って上行って下降りてもまだラッシュ終わっとらんし
しかし、マミヤがヨーヨー(?)とバイク轢き逃げアタックを駆使して、ジャギ→ハート→シン→レイ→トキ→ケンシロウ→ユダ(順番はかなり適当じゃが)などと名だたる猛者を次々に屠り去って行く様は、なかなか趣に富んどって愉快じゃったわ(笑)。

追記:ちなみに今日のKOF自体は、またもや途中落ちの6チーム目で今度は人造人間S(K’ン所)にシバかれて終いじゃ。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
3/24 牙刀組。
2006年03月26日(日) 14:31
今日も例によってハンコ貰いがてら網日本に顔出しとったンじゃが、最早日課となりつつあるKOFでは、口惜しくも何と中ボスにすら会えなんだ。今にして思えば、CPU1チーム目の先鋒で出て来たキングにのっけから危なっかし気な連続技(確か「近立D→前下D→強トルネードキック」)を喰ろうた時点で構え直しときゃ良かったものを、拙者とした事があろう事かヌルい気分のままタカを括っとったンじゃな。
まァ、実の所拙者中ボス確定迄の3チームは、いつもなら大概先鋒(たまに次鋒も出るが)でとっとと向こうの大将を引きずり出し、その体力ゲージを残り1cm程迄減らしてから放っとく(中ボス対策)ンじゃがの。
ところがどっこい、今日の3チーム目はよりにもよって牙刀組(極道風)じゃった。
しかも今日は、先鋒のグリフォンにかなり烈しくイワされた挙句次鋒のジェニーには二度程対空超必の餌食にされる。
そして、満身創痍になりながらどうにか引きずり出せこそしたものの、中段下段に揺さぶりをかけつつ二つの超必を巧みに交え(ちなみに今日は、ものの見事にどっちも喰ろうた)相変わらず鬼神の動きを見せる親分(大将)牙刀の前に、敢え無く崩れ伏した。
…無念。
別窓 | ゲーム。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
3/20 そして伝説へ…。
2006年03月21日(火) 15:23
今日は平成西遊記の最終回じゃった。
何つか、やはり拙者の頭ン中にゃ礎として昭和西遊記があって、この平成西遊記は割りと「コスプレ寸劇ないしは学芸会」位の意識しか無かったンじゃが(失敬)、風の噂で「最終回には昭和西遊記の出演者が出る」と言う話を聞き3倍モードながらもCMカット無しで録画準備しとった(PMとAMを間違えて予約してしもうて結局爆死したのは極秘じゃ)。そりゃ無論、リアルタイムでも見たがの。
しかし何つか、平成西遊記の天竺はさっぱりありがたく無いのォ。さながらエセ天竺とでも言うべきか?
相手を「たかが妖怪ごとき」と散々罵り嘲った挙句その妖怪に人の道を説かれる様では、坊主の底も見えとろうに
後、何ンかやたら沸点低そうじゃしの。あの大僧正。
…まァええか。拙者的に今回の見所はそこでは無いし。
そして、僧兵共と一戦交え満身創痍の一行は、逃げ延びた先の洞窟(?)で謎の老人と相見えるンじゃが…。
背を向けて座り水を呑んどるその老人に向けて、悟空は「水をよこせ!」と叫ぶものの、老人は一向に意に介する素振りも見せん。
怒り心頭、痛みも忘れて如意棒を振りかざし「聞いてンのかオイ!」とばかりに躍りかかった悟空から、いとも容易く如意棒を奪った老人。
そして、涙が出る程懐かしいあのテーマが流れ出す。拙者、実際ちょいと涙ぐんどったやも知れん。
老人は
「あ~っ。懐かしいなコレ」
とか言いながら、流麗かつ豪快に一しきり操って見せた。
ここ迄書いといて今更言う迄も無くその老人は堺正章御大なンじゃが、さすがに如意棒の扱いは20年以上の時を隔てた今に及んでなお抜群に上手い。
…と、そこへ件のダメ神様(ないしは仙人?)が入って来る。
「おッ、お前等!このお方を何様じゃ無かった、どなた様じゃと思うとるンじゃッ!」
…幾ら何でも何様は無いじゃろ主ャ。
思わず顔を見合わせる一行に、ダメ神様は告げる。
このお方こそ、お釈迦様にあらせられるぞッ!
そして、エラい勢いで驚く一行を尻目に、お釈迦様は悟空に近づいた。
「コレ、痛いんだよね~…」
いとも簡単に外れる緊箍呪。
まァ、そりゃ相手はお釈迦様じゃし当然じゃろ。
そんな事よりもッ!
(確かに演じとる人は同じじゃが)昔着けとったンかお釈迦様ッ!?
猿が釈迦」とかそう言う裏設定かッ!?

追記:それにしても、今回の悟空にゃ拙者何ンか違和感があったンじゃが、やっと解ったわ。
弱すぎるンじゃ奴。
原作的にゃ、そもそもの所「斉天大聖 孫悟空」が五行山に閉じ込められとった理由は「(中略)天界にて数万以上に上る軍勢を相手に大立ち回りをやらかした挙句、遂にはお釈迦様の前に屈した」からじゃからのォ。
八戒・悟浄との戦力差など、奴等をそれぞれ1と仮定すりゃ4~5桁程度にゃ及びそうな勢いなんじゃが…。本来は奴、分身の術も使えるしの。
そんなスーパー猿相手では、僧兵どころか例え一国の人間全てが束になって挑んでも歯が立ちゃせんて。
人間ごときの力では毛程の傷もつけられんよ。
後、ついでにアレ。空飛ぶ奴。
アレでは、筋斗雲では無うて「筋斗羽」じゃろ。
別窓 | テレビ。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
3/15 トリビアの何たら。
2006年03月16日(木) 21:44

今日はトリビアネタから。
まんが日本昔話OPの節に合わせて「ギザギザハートの子守歌」が唄える(って事は、もちろんその逆も出来る)。
しかも、唄っとるのは名前に聞き覚えのある桑何ンとか言うおっちゃん(桑田では無かった)じゃった。
さすがに目茶苦茶上手いわ。
んで、今日の「トリビアの種」は「クレーンの達人がUFOキャッチャーでカンストするのに何円かかるか?」ってな話らしい。
ん~。業務用クレーンとUFOキャッチャーってな、いささか勝手が違う様な気もするが…。
登場したのは、何とか言う会社の主任(じゃったか?)クラスの御仁。
もちろん御大、UFOキャッチャーは初挑戦。
そりゃ見た感じ御歳60にも及ぼうかってな勢いなんじゃから、当然じゃわな。
きっと今迄仕事一筋に生きて来たンじゃろう。キテ●ーの名前も知らんらしく、「次はあの猫を狙います」と来たモンじゃ。そして予告通りに獲る。
つか、何が凄いって御大、ぬいぐるみをことごとく掴んで獲るンよな。
拙者などに言わせりゃ、UFOキャッチャーなんてモンは「穴の傍にあるブツを何とかして穴へ落とす」位のゲーム故、あんな風に「掴んで運ぶ」のがどうにも信じられんわ。
ここなんぞにはあれこれ攻略法も載っとる様じゃが。
やはり、種目こそ違えど長年現場で培うて来た勘は伊達では無いンじゃのォ。
たまに掴みが甘うて途中で落としてしもうた折りも
現場では【万が一】と言う事もあってはなりませんから
と、悔しそうな顔で実に深い事を宣うておられた。
そりゃ確かに、万が一にでも現場で鉄骨なんぞ降らせた日にゃ大惨事じゃからのォ。
まァ、かと言うて「完璧に標的を捉えて離さぬアーム」なんぞがUFOキャッチャーに備わっとった日にゃ、店は商売上がったりなんじゃが。
途中、アームの「死角」へ残ったぬいぐるみを断腸の思い(用法間違うとるかのコレ)で店員に移動させて貰うたりもしたものの、結局確か3万円強で50個カンスト達成じゃ。


ブラボー御大ッ!

別窓 | テレビ。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
3/14 マシューなまり亭と今日のNsあおい。
2006年03月16日(木) 20:25
今日は、何故かふらっと気が向いて19時辺りからしとった「マシューなまり亭SP」とやらを見た。まァ、拙者実は割りと各地の方言とかにゃ興味があるンじゃがの。
んで、今回メインで出て来たのは広末涼子小姐。メディアでお目にかかったのは大昔出た「マジで恋する5秒前」とか言うタイトルの8cmCD以来の様な気がするのォ(単に拙者が知らんor忘れとるだけじゃろうが)。
番組のコーナーを見るに、高知県出身の彼女はどうやらかなりの酒豪らしい。連れと呑んどる時でも、ビール→ポン酒と呑み回した挙句周りにカクテルなんぞをちびちびやっとる軟弱者がおると怒り出すそうな。きっと坂本龍馬の血でも引いとるンじゃな。さすがは土佐っ娘(違うか?)
さておき、拙者マシューとやらはよう知らんのじゃが、今日は涼子小姐の他にも各種芸人連中(十把一からげ)が出演して出身地対抗方言対決(こう書くとイマイチ訳が解らんが)なんぞをしとった。
京都出身のレギュラーについては昔の彼女としりとりがどうとか言うとった位しか既に覚えとらんのじゃが、広島出身アンガールズの背の高い方は何やら電話で叫んどったのォ。お母ん相手に。
そして、何と言うても一番笑うたのが岡山出身の次長課長河本(正確にはその姉含む)か。いやァ何つか、強烈な姉ちゃんじゃのォ。河本殿。まァ、仮にも民放の端くれ(しかもゴールデンタイム)じゃし、店にとっちゃそれなりに宣伝になったンやも知れんが。
それにしても、どこからとも無くマイク迄持ち出して「そんなヒロシに騙されて」(花吹雪つき)と来たか。
そりゃ弟は頭も抱えるわな。
つか、小姐の社交辞令がそこに激しく追い討ちかけとると思うのは拙者の気のせいか?
後、その後に出て来た倖田來未小姐を見て拙者思わず言うた。
オマエは大阪のおばちゃんかッ!
いやまァ、親近感が湧いてええンじゃがの(笑)。

追記:今日のNsあおい。

「看護士は挿管出来ん(法的にしてはいかん)」じゃと?
確か前にも似た様な場面があったが、ならあれは己が腕の中の患者を見殺しにするのが、紛いなりにも医療に携わる者として正しい判断なんか?
他に救う手段が無けりゃ(その行為を経たが故に助かる可能性の有無及び高低はこの際置いといて)止むを得まいが。そりゃ無論拙者とて、看護士と言う職が人の命を扱うとる以上決して「無闇やたらに己が権限を飛び出しても構わん」とか言うとる訳では無い。じゃが、少なくとも「今そこに在る命」に比べりゃ、紙切れに書かれただけの法律なんぞ毛程の価値も無いわ。
人の命より尊ぶべき「法」など、この世のどこにもありゃせん。
実に大間違いじゃ。即刻訂正して良い。
別窓 | テレビ。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
3/8 ポーション。
2006年03月10日(金) 21:03


そう言や最近たまにCMで見たりもするが、今日コンビニに寄った折りに、FFなんぞではおなじみのポーションを手に入れた(何分未だ修羅場の只中じゃったし厳密に言うと拙者が行動した訳では無いンじゃが、ややこしくなってしまう故その辺りは割愛しとく)。
まァ、実は拙者どうも3Dになじめず、プレステ以降のはさっぱり知らんのじゃがの。
この商品、元ビンの形は同じなんじゃが、どうやらそれについとる「装飾キャップ(?)」が6種類程ある様じゃ。
…つか、微妙にマイナーチェンジを繰り返して来た歴代の容器が一堂に会する様(まだ揃うとりゃせんが)も、なかなかになモンじゃのォ。
ふと気になって原材料の項目を見ると、ローヤルゼリーだのプロポリスエキスだのに始まり、(エルダー・カモミール)・セージ・タイムとどっかの歌で聞いた様な単語が並んだかと思いきや、ヒソップ・フェンネル・マジョラム・マンネンロウ・メボウキ・メリッサと、果てにゃ某錬金術師OPのタイトルちっくな言葉迄出て来おった。ちなみに、それがわんさか配合されたその青緑色(こう書くと何ンか青汁じみとって嫌なんじゃが、生憎拙者美術専攻もしとらなんだし、他にええ表現が思い当たらん)は、何つかえも言われぬ不味さ…ぢゃない、身体に良さ気なオーラを醸し出しとったわ。
その内エリクサーとか出んかのォ(今回発売されたポーションの価格と相対的に考えるに、下手すりゃ6桁とかに及びそうじゃが)。

追記:そう言や何ンか「青色1号」とか言うどう転んでも身体にゃ決して良うは無さそうな合成色素の名前迄あった様な気がするが、まァきっと気のせいじゃろ。

別窓 | グルメ。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2/28 運。
2006年03月07日(火) 03:45
今日は、件の高射砲塔を残り0ゲージ(しかも画面端)迄追い込んでおきながら結局やられた。
こっちは例によってチームルーレットでエリザベートん所(今日のリーダーはデュオロン)じゃったンじゃが、先鋒のエリザベートが3分の1程削って早速沈んだかと思いきや、次に出て来た紅丸は拙者の操作ミス(クイックシフト)により早々にデュオロンと交代する。
…いや。そんなに威勢良うカッ飛んで来られても、拙者いつぞやノーマルシフトの折りに生じた甚大な隙をここぞとばかりにCPUに狙い撃ちされて以来、基本的に各種交代操作は試してみた事も無いンじゃが(この辺りが、拙者がいつ迄経っても旧式から脱却出来ぬ理由か…)。
いやァ、マヴカプ2の様に控えキャラの体力が回復する訳でも無し、やはりKOFは各々が力尽き果てる迄闘うてなんぼよな(負け惜しみ)。それに加えて、生来の貧乏性のせいか拙者どうも「スキルゲージポイント(放っといても貯まる奴)」とやらを出し惜しみしてしまうわ。
つかアレ、ぶっちゃけ未だに使い方をよう知らん(「攻撃を当てた瞬間にゲージを消費して前転」の存在意義は、相変わらず激しく問いたいが)。
COOL氏とか(最近彼は専ら「北斗」じゃがの)のクイックシフトを駆使した実に流麗かつ凄絶な連続技9割近く減ってピヨったり)を見るにつけ、拙者もドタマん中ではその操作をそれなりにシミュレートしてみたりもするンじゃが、やはり交代操作が絡んだ時点で訳が解らん様になりよる。まァ、ドタマで何ンとか呑み込めたとしても、どの途手ェは追いつきゃせんが。
…話を戻す。しばし跳び込みから波動拳連打なんぞで粘るも、その内敢え無くデュオロン轟沈。
再度出て来た紅丸が、偶然にも奴を画面端に追い込んで「跳Cか何ンか~立C~居合い蹴り(雷靱拳じゃったか?)~スパキャン雷光拳」を2回カマすが、あの要塞じみたタフネスと「爆裂するビットもどき+上空から追い討ちシバき」の前に儚くも倒れ伏した。
せめて紅丸がリーダーじゃったなら、(指さえうまい事届きゃ)スパキャン雷光拳から更にドリキャン雷光拳で屠れたやも知れんのに。
…無念ッ!

追記:しかもぼちぼちパンフの修羅場に突入する故、しばらくは日々の更新も満足に出来んわ。
別窓 | ゲーム。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 徒然なるままに・改。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。