時々思い立った様にその日の出来事や興味の範疇なんぞを書きつづっとる。 気紛れに立ち寄ったなら、そのついでにコメントも宜しゅう。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
2/22 再放送。
2006年02月23日(木) 21:51
拙者月刊テレビジョンでしか見とらなんだ故今の今迄知らなんだンじゃが、まだ本放送も済んどらんのにフジ系16時(17時)~18時の再放送枠で今日から「小早川信木の恋」の再放送が始まった様じゃ。しかも何故か1話からでは無く、話のかなり途中(ついこないだ見た話の様な気がする)から一日二話放送枠で。 速攻で追いついてしまうぞコレ…。 しかしまァ、その辺りは何ンか他のドラマとカップリングするなりして局側が考えるべき話故、拙者の及ぶ所では無いわな。 それにしても、改めて考えるとほんにドロドロした(失敬)話じゃのォ。何つか、ある意味下手な三流ホラーなどより余程怖い場面が満載じゃ(主に妙子絡み)。
まァ、彼女の行動の根幹には幼少時に親から受けたトラウマが存在する故拙者もある程度は止むを得んとは思うが、運転中の人間にその場でキスをねだった挙句、それを断られたら腕に噛みつくと言うのは幾ら何でもどうかと思うぞ妙子殿。下手すりゃ死ぬしなアレ。
もう少しご自愛なされィ。
まァ、こう言ういわゆる「色恋沙汰」ってのは、あくまでドラマや漫画に代表される絵空事(ないしは他人事)じゃから呑気にこんな日記のネタにも出来るンじゃが、もしこれが今正に己の身に降りかかっとる事態じゃと思うたら、ほんに背筋が凍るわ。
くわばらくわばら…。
ちなみに拙者「電車男」・「1リットルの涙」同様、例によってこのドラマも原作の方はさっぱり知らなんだりするンじゃが、まァそりゃそれでええか
そう言や作田カナ役の紺野まひる小姐は、どうやら元宝塚の人らしいのォ。つか、伊東美咲小姐に同じく、歳は拙者と変わらんらしい。
いや、むしろそこに一番たまげた。
スポンサーサイト
別窓 | テレビ。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
2/20 グランマカレー。
2006年02月23日(木) 19:55
今日は昼メシに、近所のCoCo壱迄期間限定のグランマカレー(正式名称は違うたやも知れん)をシバきに行った。標準の奴に比べると相変わらず割高じゃが、まァその辺りは止むを得まい。今日は茄子と半熟卵を乗せて喰う事とす。 さすがに二日目の家カレーなんぞにゃ及ばんものの、パパイヤ鈴木(他)が絶賛するだけあってスパイシーでなかなかに美味い。後、イカサラダにはやはりゴマドレ(※注:胡麻ドレッシング)じゃの。
店にはなかなか売っとらん、赤くない(色素の入っとらん)福神漬けも忘れずに乗っけて…。
うむッ!
さすがに三ツ星と迄は行かんが、星二つ位はくれてやろうッ!
ちなみに写真端のは、グランマカレー一皿につき一枚貰えるスクラッチカード(特製
スプーンが貰える)なンじゃが、今回も見事に外した
まァ、今回はスクラッチで外しても外れカードを10枚持って行きゃそれで1本貰える様故、当たる確率自体も最初からそれなりに低うしてあるンやも知れんがの。
ごちそうさん。20060220185640.jpg
別窓 | グルメ。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2/19 トリノ五輪。
2006年02月20日(月) 19:04
おい石原。
今日何とか言うテレビを見とって思うたが、幾ら現時点で日本勢にメダルが無いとは言え、故郷を離れ遙かトリノの地で気張っとる選手に対してその言い草は何ンじゃ貴様ッ!
「根性無いんだよ」とか「たるんでるんだよ」などと大層な事を抜かすなら、まず貴様が日の丸背負って捻り鉢巻きに赤フン一丁で出てみぃ。無論、あれ程の大口を叩くからにゃ、最低でも全種目金位は朝飯前に獲れるンじゃろうの? まァ、事のついでにスキージャンプでは軽く1000m突破・フィギュアでは前人未踏(むしろ前代未聞)の10回転位はしてくれィよ。
…塾長でも難しいがのそんなモン。
 都知事がなんぼのモンじゃたわけ。

追記1:時間差で新着情報じゃ。フィギュアスケートの荒川静香殿。金メダル、おめっとさん。

追記2:「うまく行きゃED見れるのォ」とか目論んで最近試みとったチームルーレットじゃが、今日遂にその野望が成った。 チームはアッシュん所じゃったンじゃが、先鋒のオズワルドが殆ど何も出来ずに沈んで「今日も駄目か…」と思いきや、次鋒のシェンがかなり気張ってくれて残り1cm強迄削る。そして、画面端に追い込まれてからの、いつにも増して嵐の様な集中砲火の前にあわや倒れ伏すかと思うた大将のアッシュが苦し紛れに放った超必が、間一髪で奴を陥落させた。
お疲れさん。
別窓 | スポーツ。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2/18 バーコード。
2006年02月19日(日) 02:54
今日、思わぬ所で新発見をした。カルビーが出しとる菓子「じゃがりこ」の兄弟分で「さつまりこ」と言うのがあるンじゃが、それを喰い終わった後ふと容器を見てみると、バーコードがなかなか愉快な事になっとるではないか。 やるのォカルビー。一本取られたわ。わはは。 20060219024107.jpg
別窓 | ニュース。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2/16 主に敗北、ごくまれに勝利。
2006年02月18日(土) 01:23
今日は、夜分ハンコを貰いに赴いた網日本でKOFを2クレした。 拙者、正味な話1クレでやめようと思うとったンじゃが、例によって5チーム目の牙刀に激しくイワされた挙句息も絶え絶えの所をジェニーにトドメ刺されてしもうて鼻息も荒く再度コイン投入(一応一度席を立ってしばしデモ画面を眺めとった故、連コインでは無いぞ)。ところが、今度は始めて間も無い頃(確かまだやっと1チーム目を屠って済んだ折り)に早くも乱入される。 …ありゃ?まだ中ボスにゃ…(以下略)
 こっちはチームルーレットじゃった故、しばし待って様子を見るも今日は龍虎チーム確定。また微妙な。
 対して、対面の相手は悠然とキャラを選択する。ジェニー・オズワルド・影二。 またそんな一流所ばかり(偏見)揃えおってからに…。
 んで、とにもかくにも試合開始。…と言うても、実はユリをリーダーに据えとった事位しか覚えとらんのじゃが、先鋒のリョウ&次鋒(リーダー)のユリが思いの外気張って、辛くも何ンとか撃破に成功する。ちなみに、キングはまたもや大して役に立たなんだ。まァ、拙者普段から奴はあんまり使わんしな。こないだもちょろっと書いたが、今年はミラージュダンスも無いし。
 一息つきつつ適当にCPUと遊んどる(序盤で下手にやんちゃしとると、拙者的天敵の天童凱が出て来よる故の)と、向こう側から006氏(※注)が…ッ! おもむろに隣の北斗を始めた006氏じゃが、ラオウを使うてガシガシ勝ち進んどった。 COOL氏との暫定版網日本頂上対戦(勝手に認定)なんぞも行われとった様な気もする。どっちが勝ったか迄は見とらんが。 …つか、ひょっとしてさっきの乱入者はッ?
いやまァ、「勝負は時の運」とはほんによう言うたモンよの。実際両氏と(むしろ、ゲーセンで意気揚々と乱入なんぞカマして来おる猛者連中相手なら大概の場合が)家庭用でそれぞれルーレット百連組手なんぞに臨んだとしても、拙者1~2勝出来りゃ御の字じゃて。その百分のちょいが偶然今日あっただけじゃ。 まァ、そりゃ確かに拙者とて「彼等が拙者と同条件」下で臨むならさすがに二桁勝利位迄は及ぶやも知れんが、彼等程の「才」を以てすりゃそれこそ1~2時間も経ちゃもう適応するじゃろうしの。そうなりゃ後は「地金」の問題故、結果は大して変わらんじゃろ。
 何より、そもそも「拙者が彼等(むしろ殆どの一般人)と同条件」下では、勝負にも何ンにもなりゃせんしな。大体拙者、左手でレバーなんぞ握っとったら技云々言う前にロクに動けもせんし。
そう言う訳で、ウチをのぞきに来てくれとる心優しく奇特な貴兄も、もしどこぞのゲーセンで「1P側で(←ここ必須)ひたすら独り言を垂れ流しながら片手KOFに勤しんどる巨腹野郎」を見かけたら、ドッペルンゲンガーでも無い限りそりゃ十中八九拙者故(つか、そう言やそこに写真もあるし、わざわざ書かんでも面見りゃ判るか)、願わくば乱入などせずそっと遠くの方から件の高射砲塔ないしは紫苑だのその他CPUだのにシバかれるのを生温かく見守っといてくれィ。 宜しゅうに。
※注「006氏」…拙者行きつけの網日本に於いて、COOL氏と並ぶ猛者の弐。相性の問題か、NEOWAVE時代の拙者の被3タテ率はCOOL氏より対彼戦の方が高い。 ちなみに名前(拙者的呼称)の由来は、NEOWAVEの折りに彼がAW-NETで使うとった「CAGE-006(うろ覚え)」から来とる。
別窓 | ゲーム。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2/15 ココリコミラクルタイプに物申すッ!
2006年02月16日(木) 19:10
(1~3話はこの際割愛して)4話目「結婚しない女」のラストなンじゃが、拙者あれには烈しく物申すッ!
いや、そもそも拙者見とらなんだしタッチ云々は置いといて、まァ地面にミカンを置いて文字を作る迄は辛うじて良しとしようか。それだけなら後で拾やァええし。
じゃがその刹那。
何ンか不自然な程空いとった
背後のスペースを見るに実の所大方の予想はついとったンじゃが、その刹那ッ!
走って来たタクシーが、ミカンで作った文字を箱ごと跳ねとばしおった。

…このたわけがッ!喰い物を粗末にするなァ~ッ!
 前方不注意により、国中ひたすら引きずり回しの上鳥葬にするぞこの不敬者めがッ!
…つか、何よりこんな脚本を書いた放送作家(?)こそけしからんッ!
 貴様はミカンに土下座して詫びよ。
別窓 | テレビ。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2/7 N’sあおいと1リットルの涙。
2006年02月08日(水) 17:26
(看護師じゃし)一応もう成人しとるはずなンじゃが、一人暮らししとって全財産15円ってなどんなモンかのォあおいサン。
…まァ、拙者も昔は似た様なモンじゃったか。印刷代払うた後にゃ、財布ン中に30円とかしか残らなんだし。とは言え、親のスネかじっとった分、手持ちの銭は尽きても餓死る心配だけは無かったわな。
…さておき。
近年の何やかんやもあって、生涯に於ける手術回数が齢28にして(概算で)20回を超えた拙者じゃが、決して自ら図らずしも幼少のみぎりより病院と縁が深い事もあってか、「1リットルの涙」(前クール)と言い「N’sあおい」(今クール)と言い、病院系のドラマにゃどうも妙な親近感(…と言うンか?)が湧くのォ。
まァ、「はともかく「あおい」のBOXにゃさすがに手ェ出さんとは思うが…。
それはそうと、あおい殿。今回の、ペースメーカー入れた婆ちゃん(名前ど忘れた)が医者側の情報伝達不足でMRI受けてしもうた後の場面なんじゃが。
…あんなん、間違うても一人にしとっちゃいかんて。いや、例え一瞬でもな。
拙者も数年前某K病院に入院しとった折りにゃ、真夜中に夢遊病の様に起き出してしばしうろついた挙句、廊下のど真ン中にブッ倒れとった事がある(同僚の看護師曰く【エキゾチック】S看護師による後日談)らしい故のォ。俗に言う「意識喪失状態」と言う奴か?
(何より今拙者がこれを書いとるし)幸いその折りは大事にゃ至らなんだらしいが、0.1トンに及ぶ拙者の巨体を再びベッドに戻すのにゃ当直の看護師総出で気張ったそうじゃ。お疲れさん。
…ちとそれてしもうたが話を戻そうか。
あの場合、「ここで待ってて下さい」では無うて、ゆっくりででも構わんから手ェ引いて一緒に先生ン所迄連れて行かにゃ。拙者専門用語なんぞ詳しゅうは知らんが、意識レベルがあの状態の人間(加えて老人じゃしな)から「目を離す事」がどれ程危険かは、主も今回身を以て知ったじゃろ?結果、寒空ン中チャリで走り回った上服も汚れたし。
ましてや今回の婆ちゃんの場合、よりにもよって体内の機械が司る部位が「心臓」じゃからのォ。作中でも言うとったが、最悪死にすら至りかねん。
まァ、こんな(実際にカルテの不行き届き等で事故が起こった)話は現実にもゴロゴロ転がっとるンじゃろうがな。
用心&精進すれヨ。あおい殿。

追記「1リットルの涙」

…つか、本来なら追記では無く一日のタイトルにする位の勢いなンじゃが、年末年始何かと忙しゅうしとる内に機を逃してしもうた故追記とする。
このドラマは、何つか初回から既に見とられなんだ。主人公亜也の身に次々に現れる凶病の兆候・どこにでも転がっとる様なただの病気では無く「脊髄小脳変性症」と診断された彼女に突きつけられた「治療法無し」と言う現実・そして、訪れた先の病院で彼女が目にした、明らかに将来の彼女自身の姿を暗示した描写-。
回を追う毎に、彼女の症状は深刻になって行く。
そしてEDでは、K氏が唄う「Only Human」の何とも切ない詞に乗せて、実際の彼女の写真が流れる。
柄にも無く、久々にドラマで泣いたわ。
まァ何より(幾らドラマとして脚色部分が加えられとるとは言え)実話を元にしとる以上、最終的に彼女は亡くなってしまう訳じゃしな。
そんな、半ば「結末の見えた話」を(都合で幾らか途中落ちしたとは言うても)最後迄見る事が出来たのは、何つか「応援」したかった(語弊…つか、主語は見つからんが)ンじゃろな。今思うに。
しかし(認定を受けたのが20年以上前の話じゃし、正直拙者詳しゅうは知らなんだンじゃが)、日本の障害者等級認定制度も微妙なモンじゃのォ。拙者確かに左手は動かんが、それで2級じゃぞ。
手帳に「障害の程度が変わった時は~」ってな表記がある辺りを見るに「その都度再判定するので要申告」って話なンかも知れんが、とうの昔に状態が確定しとる拙者などと違うて件の様に「進行性」の病気の場合は、むしろ最初から1級でもええと思うンじゃがのォ。
無論、気持ち的にゃ「S級」とか言いたい所なンじゃが、残念ながらそんな等級は無いしな。
じゃが、この「脊髄小脳変性症」は、身体が呈する進行性の異常に対して思考の方は通常のままと来るらしい故のォ。そんな状態は拙者もこれ迄の人生に於いて幾度か経験した事があるが、実際「己が身体が己の思い通りにならん」と言うのは幾ら歯噛みしても足りん程やり切れんよ。
そんなものは正に、「悪魔の病」と言うても過言では無いわ。
拙者の左手などは物心ついた折りより動かなんだ(少なくとも手として使うとった頃の記憶は無い)故まだそれ程でも無いが、「昨日迄は出来たはずの何気無い動作が徐々に出来ん様になって行く」と言うのは最早拷問にすら等しい。
割りと忘れがちじゃが、「当たり前に過ごせる毎日」なんてのは実の所この上無く幸せな事じゃったりもするンよのォ。
…そりゃ、辛かったろう。苦しかったろう。その苦悩は、拙者如きにゃとても計り知れん。
「どうして病気は私を選んだの?」
「私は何の為に生きているの?」
…か。確かに、そう思うてしまうよな。
じゃが、彼女の歩いた後には確かに「道」が出来た。きっとそれは、少なくとも彼女を知る多くの人々にとっての「礎」であり「灯火」なんじゃろう。
こんな事を書くと綺麗事の様じゃが、それは「生きる意味」としても「生きた証」としても充分なものじゃったと拙者は思う。
ご冥福を切にお祈り致す。そして願わくば、やがて来たる彼女の新たな「生」に幸深き事を。
…合掌。
別窓 | テレビ。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2/1 GTO。
2006年02月03日(金) 18:18
放送回数を見るにどうやらついこないだ始まった(2話連続とかしとったし、そうで無うても元々回数が少ない為、すぐ終わる様じゃ)らしいが、拙者最近は平日の16時辺りからしとるドラマ版「GTO」を見とる。
まァ、業界的な諸々の都合もあってさすがに原作程ハジけ飛んではおらんのじゃが、原作を意識せず「普通のトレンディドラマ」として見る分にゃそれなりに楽しめるか。なかなかに愉快じゃ。
…じゃが、今日のを見て思うた事を一つ。
場面は、村井母駆るトラックを相手に度胸競べに挑んだ鬼塚と村井-。
期せずしてブレーキの去んだトラックは二人目がけて突っ込み、直前になって故障に気づき咄嗟に避けようとした村井母のハンドリングによって横転してしまう(※注:概略)ンじゃが、拙者あれにはちと物申す。
拙者の知る鬼塚英吉なら、逃げん。
…つか奴の場合、たかだかトラック(画面を見た感じでは、恐らく4トン積みの40~50km位か)と喧嘩した程度でどうにかなる(そりゃ仮にも生モンの端くれとして、怪我の一つ位はするやも知れんが)程ヤワな鍛え方はしとらんじゃろうし、仮にいざそうなったらなったで多分肝も据わっとるわ。少なくとも逃げりゃせん。あそこで逃げとる様では、塾長オーガは言うに及ばず「総理大臣上等」武藤国光にも遅れを取るじゃろ。奴は、トラックとガチンコ勝負した挙句骨の一本も去んどりゃせなんだ猛者じゃからのォ。
しかし、何分物が再放送じゃし今更配役にゃ大してどうこう言う気も無いンじゃが(そもそもの話、原作通りの鬼塚を演じ切れる役者など人間ン中にゃおらんしの)、強いて言うなら内山田が中尾彬ってのはともかく冴島がヤケにイケメンな辺りはどうにも頂けん。奴はもっと下品じゃ。いや顔もな
まァ、やはり「TVドラマ」と言う性質上業界的に面倒な「コード」なんぞも色々あるンじゃろうが、拙者的にゃ原作が一番好きかのォ。何ってあのハジけ具合がな。「メディア的に規制が一番緩い」とも言うンかも知れンが。
もっとも、拙者アニメ版は見た事も無いンじゃがな。
それにしても、相沢雅より大島知佳子の方が可愛い(拙者的主観)ってのはどんなモンかと思うわ。
後、トリビアの人(笑)。「やめて下さいッ!」とか口で言うとる間にゃ、普通は身体ァ張って(場合によってはドツいて)でも停めるて。少なくとも、折角納入した教材が油をぶっかけられた挙句灰と化すのを直立不動で待っとりゃせんわな。

追記:つか、ドラマ版の雅ってな原作に輪ァかけて嫌な奴じゃのォ。
別窓 | テレビ。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 徒然なるままに・改。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。